LEGAL JOB BOARD 知財業界への転職におすすめの転職エージェント

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
仕事

転職について、特許や意匠・商標などの知的財産に興味があり、それを扱う知財業界(特許業界)への転職を考えている方もいらっしゃるでしょう。

転職を成功させるには転職エージェントのサポートを受けるのが有利です。

転職エージェントと言えば、リクナビやマイナビ、ビズリーチなどが有名。TVCMでよく見かけますよね。

ところで、利用する転職エージェントは、転職しようとする業界に精通したところを選ぶのが鉄則。

知財業界に精通した転職エージェントとして頼りになるところの1つが LEGAL JOB BOARD (リーガルジョブボード)です。

この記事では、そんなLEGAL JOB BOARD の特徴・メリット・デメリット・口コミについて解説します。

●LEGAL JOB BOARDへの無料登録はこちら(PR) ➡

転職エージェントとは

そもそも転職エージェントとは何でしょう。ひとことで言えば、求人企業に対して人材紹介をする会社です。具体的には下記です。

転職エージェントは、利用登録をした人(登録者)に対して、求人情報の紹介・履歴書や職務経歴書等の選考書類作成時のアドバイス・面接日の調整・採用条件・入社日のすり合わせなどを無料でサポートする会社です。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい ➡ 転職エージェントとは 利用するメリット・デメリット・注意点など

LEGAL JOB BOARD が就職・転職支援サービスを提供している職種

LEGAL JOB BOARD が就職・転職支援サービスを提供している職種は下記です。

・弁理士 ・特許技術者 ・特許事務 ・弁護士 ・司法書士 ・司法書士補助者 ・土地家屋調査士 ・測量士 ・その他11職種のサービス

このように、LEGAL JOB BOARD は士業専門の転職エージェントであり、各士業にはその士業専門のキャリアコンサルタント(担当エージェント)がいます。

LEGAL JOB BOARD の特徴

LEGAL JOB BOARDの求人システム

LEGAL JOB BOARD は直接応募求人とエージェント求人に対応。

直接応募求人

直接応募求人は、ダイレクトリクルーティングとも呼ばれ、求職者がLEGAL JOB BOARD のシステムを介して求人企業の担当者と直接やりとりを行える方式。

直接応募求人では、LEGAL JOB BOARD の公開求人に自分で応募し、求人企業の担当者とウェブ上で直接メッセージを交わすことができます。

直接応募求人には、求職者は転職活動をスピーディーに進められるというメリット、求人企業はエージェント求人を利用する場合よりも経費が抑えられるというメリットがあります。

その反面、キャリアコンサルタントが仲介しないので、どうしても求人企業主導になりやすいというデメリットがあります。

エージェント求人

エージェント求人は、求職者が転職エージェントに登録し、転職エージェントを利用して転職活動をする方式。

この方式の場合、転職エージェントであるLEGAL JOB BOARD は、登録者に対して各職種の担当制によりキャリアコンサルタントを割り振ります。

例えば、弁理士が転職するときには、弁理士業界専門のキャリアコンサルタントが担当について転職をサポートします。

これにより、登録者は手厚いサポートを受けながら、求人企業とのスムーズなやりとりで転職活動を進められます。

また、エージェント求人でしか取り扱っていない求人も多数あるので、エージェント求人に申し込むことで選択肢が大幅に広がります。

さらに、エージェント求人の利用者でも直接応募求人への応募は可能なので、転職エージェントに登録しておくのが得策です。

LEGAL JOB BOARD の強み

ここでは特許事務所に転職する場合に注目してLEGAL JOB BOARD の強みを見ていきます。

特許事務所専門(弁理士専門)のキャリアコンサルタントがいる

特許事務所専門のキャリアコンサルタントは、特許事務所にヒアリングをして、紹介する特許事務所の詳細な求人情報や内情を把握しています。

これにより、登録者は、キャリアコンサルタントから特許事務所の給与体系・残業時間・所長の人物像・事務所の雰囲気・離職率などの詳細な情報を教えてもらえます。

教えてもらえる情報は、良い情報ばかりでなく、悪い情報(裏情報)も含まれます。

特許事務所の求人情報はweb上にも公開されています。

しかしながら、特許事務所はクライアントの知財情報を扱うことから内情公開については消極的。このため、一般の企業と比べて内情に関する情報が非常に乏しいのが現状。

このような観点から、特許事務所の内情にも詳しいLEGAL JOB BOARD を利用すれば転職を有利に進められるでしょう。

特許事務所の求人取扱数が業界トップクラス

LEGAL JOB BOARD は、特許事務所についての求人取扱数が業界トップクラスです。

したがって、LEGAL JOB BOARD を利用すれば、多くの求人情報の中からいい転職先を見つけやすくなるでしょう。

サポートが手厚い

LEGAL JOB BOARD は、職務経歴書や履歴書の添削はもちろん、給与交渉や勤務形態(時短や在宅など)の調整も行ってくれます。

まさに至れり尽くせりといったところ。かなり手厚いサポートですよね。

●LEGAL JOB BOARDへの無料登録はこちら(PR) ➡

LEGAL JOB BOARD の評判(口コミ)

良い口コミ

良い口コミは下記です。

弁理士 / 千葉県 / 20代女性

初めての就活だったので不安もありましたが、事務所の雰囲気をある程度知った上で相談しながら応募を進めることができてよかったです。ありがとうございました。

出典:LEGAL JOB BOARD

弁理士 / 大阪府 / 40代女性

履歴書と職務経歴書が大事だと教えてくださり、色々と協力してくださってありがとうございました。機会があればまた利用させてもらいたいと思います。

出典:LEGAL JOB BOARD

弁理士 / 東京都 / 30代男性

士業に特化した非常に分かりやすい求人検索画面、転職未経験の私に親身に相談に乗ってくださったエージェントの森田様、弁理士試験合格後の祝賀会等、転職活動において最高の環境をご提供頂けました。ありがとうございました。

出典:LEGAL JOB BOARD

弁理士 / 埼玉県 / 40代男性

休日や年収、残業時間や有給取得率などに関する事項を事前に確認していただき、安心して転職活動および入社への決断をすることができました。

出典:LEGAL JOB BOARD

弁理士 / 千葉県 / 60代男性

ホームページは希望職種の検索が容易で、「気になる」の登録をしておけば後から比較検討することが出来るので、使いやすいと感じました。いろいろな質問への迅速なご回答や、面接に際してのアドバイス等についても感謝しております。有難うございました。

出典:LEGAL JOB BOARD

弁理士 / 神奈川県 / 60代男性

弁理士の私に法律事務所を紹介して下さったのは御社だけです。御社のお世話になってよかったと思います。ご担当様の対応もレスポンスの速さもとても良いと思いました。

出典:LEGAL JOB BOARD

悪い口コミ

探しましたがあまり見つからなかったです。概要のみを挙げると下記のようなものがありました。

・都市部に求人が集中している。

・求人に応募しても1カ月間返事がなかった。

・頻繁に電話がかかってくる。

まとめ

この記事ではLEGAL JOB BOARD の特徴・強み・口コミなどについて詳細に解説しました。

LEGAL JOB BOARD はデメリットもありますがそれをはるかに上回るメリットを有する転職エージェントですね。

したがって、LEGAL JOB BOARD を利用すれば転職を有利に進められるでしょう。

LEGAL JOB BOARD の登録・利用は無料なので、ここを利用しない手はないと思います。

はるぼじ
はるぼじ

この記事を書いた人

元特許技術者

特許事務所で35年間勤務

国内・外国出願およびそれらの中間処理を担当

国内出願の担当件数は1,500件以上

●LEGAL JOB BOARDへの無料登録はこちら(PR) ➡

あわせて読みたい ➡ 知財業界・特許業界の転職・就職におすすめの転職エージェント5選

あわせて読みたい ➡ 特許事務所への転職 元特許技術者が解説 仕事内容・年収・適性など

あわせて読みたい ➡ 転職先・キャリアパスとしての特許事務所 知財の転職7つの事例

あわせて読みたい ➡ 特許技術者 特許事務所から事業会社の知的財産部への転職・留意点

あわせて読みたい ➡ 特許事務所の特許技術者 メリット・デメリットと向いている人の特徴

あわせて読みたい ➡ 特許事務所の特許技術者の仕事内容 35年経験の元特許技術者が解説

あわせて読みたい ➡ 転職エージェントとは 利用するメリット・デメリット・注意点など

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました